自動車保険について

自動車を所有する場合には、必ず自動車保険に入らなくてはいけません。 自動車保険というのは、自動車を購入するときに加入を義務付けられている、自賠責保険と、自分で保険会社を選んで 加入する自動車保険があります。

自賠責保険というのは、交通事故を起こした時に被害者がいた場合、入院費や怪我の治療代など最低限の補償をする ために、必ず加入するように法律で定められているものです。

ただ、自賠責保険で補えるのは、対人に対しての補償だけで、相手が車に乗っていた場合、その故障や修理に対する 補償はありませんし、自分が怪我をしてしまったり、自分の車の損傷に対しても、なにも補償されません。

そこで、自賠責保険では補償されない部分をカバーするために、任意で保険会社の自動車保険に入るのが一般的です。 これは、任意保険とも言われていて、事故の際の賠償金や、物損事故、自分だけの事故の場合でも、補償を つけるために、個人的に加入するものです。

任意保険は、いろんな種類の保険があるので、自分で必要な部分だけをカバーする保険内容にすることが可能です。 例えば、自分の車はどうでもいいと言う方は、車両保険をつけなかったりすることも出来るので、補償内容に よっては、保険料をかなり安く抑えることが出来ます。

保険料を安くするか、保険料が高くなっても補償内容を充実させるかは、自分で決めらますが、保険と言うのは 万が一のことを考えて入るものなので、じっくり検討して決めましょう。

365fx比較 HOME