kyosyo 京商のヘリコプター

スポンサードリンク

  京商のヘリコプター は上級者モデルから初心者が気軽に遊べるものまで様々なものが揃っています。
 
  京商はラジコン好きの方であれば一度は聞いたことがある名前だと思います。ラジオコントロールモデルを中心とした模型メーカーで、世界的にもKYOSHOの名前は有名です。
 
 京商が設立されたのは1963年で、実に40年以上の歴史を持つ老舗のラジコンメーカーなのです。
 
 自動車、飛行機、ヘリコプター、ボートなど幅広い種類のラジコンを販売しており、高級ダイキャスト製ミニカーなども取り扱っています。ちなみにラジコンという名前はみなさんもよくご存知だと思いますが、ラジコンという名称は増田屋コーポレーションの登録商標となっているため、京商ではラジオコントロールモデルと呼ぶそうです。ここでは一般的に広く認知されていますので、ラジコンという名称で統一させていただきます。
 
  京商では様々な商品を取り扱っていますが、今最も私が注目しているのはヘリコプターですね。ラジコンのヘリコプターというものは奥が深く、そう簡単に操縦することができるものではありません。
 
 また実際に空を飛ぶものとなると、ヘリを組み上げる時に適当なセッティングをすることによって、飛び上がってもおかしな動きをしてしまうものになってしまいますので、とても奥が深いものになります。ですが、自分のラジコンが実際に空を飛んだ時の喜びは筆舌しがたいものがありますので、チャレンジしてみる価値があるものだと私は思います。



タミヤの新製品

大人の飛行機ラジコンショップ【ヒコーキショップ・リトルベランカ】





京商のヘリをカスタムしよう

 京商のヘリは買った時のそのままの状態でも十分に楽しむことができますが、やはりカスタマイズにこそその真髄があると思います。各パーツを変更していったヘリコプターは、ノーチューンのヘリと比べても見違えるような動きをしてくれます。
 
 ちなみに単純にラジコンと言っても、各パーツには適合するかどうかというものがありますので、適合しないパーツを買った所で無駄になってしまいます。京商のヘリのページでは、各モデルのパーツ適合表が公開されていますので、参考にすると良いと思います。
 
  京商のヘリのファンと言う方はかなりの数がいるようで、実際に探してみると色々なカスタマイズ方法などを紹介したホームページなどが見つかると思いますので、参考にしてみると良いと思います。

スポンサードリンク

kyosyo 京商

 ちなみに京商のヘリは上級者向けのものだけでなく、初心者であっても気軽に楽しめるものがあります。「ミニュームAD キャリバー120」というタイプはとても小さなヘリではありますが、本格的な仕様となっており、ラジコンヘリに手を出そうと思っている方は、まずこちらを購入してみてはいかがでしょうか。

365fx比較 HOME