Home > ソーラーパネルの寿命

ソーラーパネルはどれぐらいもつのか?


ソーラーパネルの寿命は、一般的に20年くらいと言われています。

家庭用ソーラーパネルで発電した場合は、元を取るまでにはかなりの年月がかかるようです。 したがって、元を取り戻す前に、ソーラーパネルの寿命がきてしまうことも十分あり得るのかも知れません。 地球温暖化現象などの環境に対する配慮だけが目的ならば、ソーラーパネル発電を取り入れることは大いに価値のあることです。

環境破壊の大根源であるCO2削減に貢献できますから、エコライフを実現するだけなら意味があります。 しかしながら、光熱費の節約を第一に考えるのであれば、まだまだ気軽にソーラーパネル発電に切り替えるのには十分な検討が必要です。

ただし、最近原油価格などの値上がりにより電気代は上昇傾向にある事から、今後どの程度まで電気代が値上がりするのかにもよると思います。 ソーラーパネルの寿命がもっともっと長くなって、初期費用やメンテナンスにかかる費用などが安くなれば、利用者はどんどん増加していくでしょう。 そうなれば、地球にやさしいエネルギーシステムが各家庭で整備され、CO2削減にも役立ちますよね。


また、余った電機は電力会社に売る事ができるのですが、最近、パネルの発電できる能力そのものが向上しています。発電能力が高いと、それだけ電力会社に売る量も増えますので、コストの回収が早まります。今と2〜3年前のパネルの性能の違いはかなり違いますし、これからも良くなっていくと思います。

365fx比較 HOME